ニュース
» 2005年05月26日 19時09分 UPDATE

文化庁、アイコン無断使用認める アップルに謝罪

文化庁は、同庁が管理する著作権関連のWebサイト上のイラストが、Mac OS Xで表示されるアイコンを無断で使用したものだったと認め、委託先がアップルに謝罪した。

[ITmedia]

 文化庁の著作権関連Webサイトに表示されていたイラストが、Mac OS Xで表示されるアイコンにそっくりだった件で、同庁は5月26日、無断使用だったと認め、サイト制作の委託先を通じてアップルコンピュータに謝罪した(関連記事1関連記事2)。

 無断使用が分かったのは、文化庁が5月24日に公開したWebサイト「著作権契約書作成支援システム」のトップページにあったイラスト。同サイトは、社団法人の著作権情報センターが文化庁から委託を受け、外部のソフト会社に依頼して作成した。

 同庁から指摘を受けた同センターが26日、ソフト会社に問い合わせたところ、無断使用を認めた。このため、同センターの理事がアップルコンピュータに出向いて事情を説明し、謝罪した。アップルは謝罪を受け入れたという。

 文化庁の担当者は「言い訳にしかならないが、アイコンは仮のデザインで、修正する予定だった。しかし締め切り直前になってシステム全体に大きな変更があり、修正を忘れてしまったようだ」と話している。

 同庁は、アイコンが著作物にあたるかどうかについては「判定するのは裁判所であり、文化庁には権限がない」とした。

 削除した著作権契約書作成支援システムは、アイコンを無断使用した部分を差し替えた上で近く再開する予定だ。

 アップル広報部は今回の件に関して「ノーコメント」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -