速報
» 2005年05月28日 08時51分 UPDATE

携帯電話業界団体、機内携帯解禁に反対の意見書

米国で航空機内の携帯電話利用解禁が検討されているが、地上の携帯サービスに干渉する恐れがあるとして、業界団体が懸念を表明した。

[ITmedia]

 米連邦通信委員会(FCC)が航空機内の携帯電話利用解禁を検討している問題で、米携帯電話業界団体のセルラー通信工業会(CTIA)は5月26日、規制緩和に反対する意見書をFCCに提出した。

 意見書の中でCTIAは、機内の携帯利用規制緩和に対する懸念を表明。地上の携帯サービスに干渉を引き起こさないことが証明されるまで、規制の緩和や撤廃は行うべきではないと訴えている。

 現在のところ、地上の携帯サービスを干渉から守るための解決策は存在しないとCTIAは指摘。干渉を防ぐ解決策が登場するまで、FCCは慎重な姿勢を取るべきだと申し入れている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -