速報
» 2005年05月31日 17時07分 UPDATE

東芝、SED量産拠点は姫路に

東芝は、キヤノンと共同開発しているSEDの量産工場の候補地を兵庫県内に決めた。

[ITmedia]

 東芝は5月31日、キヤノンと共同開発した表面電界ディスプレイ(SED)パネル量産工場の候補地を、同社姫路工場(兵庫県太子町)に決めたと発表した。今後2年間で総額1800億円を投じ、2007円1月から本格量産体制に移行する計画。

 同工場がCRT製造ノウハウと半導体量産技術を持ち、国内外との物流拠点とのアクセスが容易なことから決めた。東芝とキヤノン、両社の合弁会社・SEDの3社で同工場の量産設備を整える。

 

 量産に先立って両社は、キヤノンの平塚事業所(神奈川県平塚市)で今年8月から、50インチクラスのSEDパネルの生産を開始する。

 SEDは、次世代ディスプレイとして注目されているFED(Field Emission Display)の一種。ブラウン管並みの応答性、色再現性を厚さ10ミリ程度の薄型テレビで可能にするなど、ブラウン管とフラットパネルディスプレイの長所をあわせ持つ(用語辞典参照)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -