速報
» 2005年06月13日 18時12分 UPDATE

Nokia、Safariと同じブラウザコアをSeries 60携帯に採用

NokiaはAppleのWebレンダリングエンジンを自社の携帯ブラウザに採用すると発表した。このエンジンはSafariブラウザにも使われている。

[ITmedia]

 Nokiaの新製品Series 60 Platformには、Appleが自社ブラウザSafariに採用しているオープンソースのブラウザコアが使われる。同社が6月13日、明らかにした。

 AppleのSafariブラウザはオープンソースプロジェクトのブラウザコアであるKHTMLを使っており、同じ技術はKDEのKonquerorブラウザにも使われている。Appleはその成果をレンダリングエンジンのWebCoreとして公開している。

 NokiaがSymbian OSベースのSeries 60で採用するのはこのWebCoreとJavaScriptCoreコンポーネント。AppleはWebCoreとJavaScriptCoreなどを含め、WebKit Open Source Projectとしてオープンソース公開している。

 NokiaはAppleとのコラボレーションにより、このオープンソースコミュニティーに参加し、特にモビリティ分野での開発に寄与する計画だという。

 Nokiaの最高技術責任者であるペルティ・コルホネン氏は「NokiaはSeries 60で最適化されたモバイルWebブラウジングを提供できることを喜んでいる。オープンソースソフトウェアは開発に理想的なもので、ソフトウェアの革新と進展を素早くソフトウェアに反映できる」と述べている。

 Appleのワールドワイド製品マーケティング担当上級副社長であるフィル・シラー氏は「Safari Web Kitは素晴らしい性能、効率的なコードベースとオープンソース標準サポートを提供しており、Nokiaの新製品であるSeries 60などのプロジェクトにとって理想的なオープンソース技術だ」とコメントしている。

 新しいSeries 60ブラウザはすべてのSeries 60ライセンシーに対し、2006年前半に標準アプリケーションとして提供される。このブラウザは既存のSeries 60ブラウザの全機能をサポートし、パフォーマンスの向上、新機能の追加が図られている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -