速報
» 2005年06月21日 19時49分 UPDATE

Sleipnir作者が会社設立、ブラウザ標準目指す

広く利用されているWebブラウザ「Sleipnir」の開発者が株式会社を設立し、事業展開に乗り出した。後継ブラウザのアルファ版を6月末にもリリースする予定だ。

[ITmedia]

 タブブラウザ「Sleipnir」の作者・柏木泰幸さんは6月21日、Webブラウザ開発を手がける企業「フェンリル」を設立したと発表した。「ブラウザにおけるデファクトスタンダードを目指す」としている。Sleipnir後継ブラウザのアルファ版を6月末、ベータ版を7月中旬に公開する予定だ。

 新会社は6月13日付けで株式会社として設立。資本金は1000万円。

 SleipnirはInternet ExplorerコンポーネントとGeckoエンジンを利用したWebブラウザ。柏木さんは同ブラウザの開発ノウハウを活かし、豊富なカスタマイズ性と安定性・安全性を備えたブラウザを開発していく。特定分野に特化した製品など、国産の利点を活かして多彩なニーズに応えていくという。将来は多言語対応により海外展開も視野に入れている。

 柏木さんはブログで「ユーザーの意見を聞くのが楽しくてやっていたSleipnir開発を、今後はビジネスとしてやっていく」と表明。オープンソースのFirefoxに対し、「Sleipnirのようにクローズドソースで、広告収入等で運営し、組織として開発していくのもまたひとつの方法ではないか」と記している。

 柏木さんは昨年11月、Sleipnirのソースコードを保存したPCが盗難に遭ったが、後継ブラウザの開発を始めたことを明らかにしていた。

 同様のタブブラウザ「Lunascape」開発者の近藤秀和さんも昨年8月、ブラウザ開発企業「Lunascape」を設立し、活動している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -