速報
» 2005年06月24日 17時22分 UPDATE

MS、東大などにWindowsソースコードを無償提供

マイクロソフトはWindowsのソースコードを東大、慶応大、早大に公開。研究に生かしてもらう。企業や研究期間などにソースコードを開示する「シェアードソースイニシアティブ」の一環。

[ITmedia]

 マイクロソフトは6月24日、東京大学、慶応義塾大学、早稲田大学に、Windowsのソースコードを無償公開すると発表した。企業や研究期間などにソースコードを開示する「シェアードソースイニシアティブ」の一環で、アカデミック分野向けの「ソースコードアグリーメント」を3大学と締結した。

 東大は、「社会基盤としてのセキュアコンピューティングの実現方式の研究」(代表:大学院情報理工学系研究科・米澤明憲教授)の研究成果が、Windowsの安全性と信頼性強化に有効か検討する。

 慶応大は、ストリーミングによる無線放送や超高速無線ネット通信での課題を解決できる新しいネットプロトコルを、OSの基盤技術として研究開発・組み込み実験する。環境情報学部の村井純教授と理工学部の寺岡文男教授が中心となって研究する。

 早大は、理工学部コンピュータ・ネットワーク工学科の中島達夫教授が代表を務める「次世代マネジメントシステムアーキテクチャ」プロジェクトで、Windowsのモニタリング機能強化に関する研究を検討している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -