速報
» 2005年06月25日 07時34分 UPDATE

Microsoft、LonghornでRSSをサポート

LonghornではRSSがサポートされ、「お気に入り」と同じ感覚でフィードを登録できるようになるほか、開発者による組み込みも容易になる。

[ITmedia]

 米Microsoftは6月24日、次期WindowsのLonghorn(コードネーム)でRSSをサポートすると正式発表した。エンドユーザーによるRSSフィードの発見、閲覧、登録を容易にし、開発者が自分のアプリケーションにRSSを組み込みやすくする狙い。

 LonghornではユーザーがWeb閲覧中に、目立つアイコンを表示してRSSフィードを見つけやすくするとともに、ブラウザを離れることなくフィードを読めるようにする。また、Webサイトを「お気に入り」に登録するのと同じように、簡単にRSSフィードを登録できるようにする。

 開発者は自分のアプリケーションでRSS機能を活用しやすくなるとMicrosoftは説明。例えばカンファレンスへの出席を予定しているユーザーがそのカンファレンスのイベントカレンダーに登録し、自分のカレンダーアプリケーション内部で、LonghornのRSS対応のカレンダーアプリを使ってRSSフィードでイベントを参照するといった用途があると紹介している。

 Microsoftは自社で開発したRSSの拡張仕様「Simple List Extensions」も同時発表。Webサイトでこれを利用すると、フォトアルバム、音楽プレイリスト、トップ10ランキングなどのリストをRSSフィードで配信できるようになる。

 RSSが時系列によるフィード提供を目的としているのに対し、Simple List Extensionsではリストの順序といった情報を取得、順位が入れ替わった場合などにアプリケーションで認識できるようにする。また、リストに有用な情報を組み込むことも可能で、例えばオンラインストアがリストアップした各項目に、値段、売り上げランキング、レーティングといった情報を追加できる。

 MicrosoftではSimple List Extensionsの仕様を、RSS 2.0仕様が公開されているのと同じCreative Commonsライセンスを通じて無償提供する方針。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -