速報
» 2005年07月05日 17時07分 UPDATE

ACCS不正アクセス事件の有罪確定 元研究員が控訴取り下げ

ACCSのサーバから個人情報を引き出した上で脆弱性を指摘し、不正アクセス禁止法違反に問われていた元京都大学研究員の有罪が確定した。

[ITmedia]

 コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)によると、不正アクセス禁止法違反に問われた元京都大学研究員の有罪が確定した。元研究員は3月、東京地裁で有罪判決を受けて控訴したが、6月6日付けで控訴を取り下げたため。

 元研究員はACCSのサーバから個人情報を不正に入手したとして同法違反で起訴され、東京地裁の懲役8カ月、執行猶予3年の判決を不服として控訴していた(関連記事参照)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -