速報
» 2005年07月15日 08時14分 UPDATE

Webサービス利用は今後5年で激増――IDC予想

IDCによると、Webサービスは今後5年で激増し、約150億ドルの市場になるという。

[ITmedia]

 調査会社IDCが7月14日発表した推計によると、2004年に世界でWebサービスソフトに費やされた額は総額23億ドルと、前年の2倍を超えた。今後5年でさらに激増を続けて2009年までに約149億ドルに達すると予想している。

 ベンダーの関心はWebサービスの開発から、セキュリティ、管理、メッセージング、イベント処理を組み込んだ実際の消費へと移っているとIDCは指摘。先行採用している企業ではコンセプト実証型の導入から、確実な導入へと進歩しつつあると分析している。

 「Webサービスはコンピューティングスタック全体を通じてさらに普遍的に利用されるようになる見通しだ」とIDCのサンドラ・ロジャーズ氏は予想している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -