速報
» 2005年08月22日 19時11分 UPDATE

48時間で消えるDVD、ネットで全国販売も

48時間で再生不能になるDVDはネット販売も行う。見終わったディスクはリサイクルする仕組みも整えた。

[ITmedia]

 書籍取り次ぎ大手の日本出版販売は8月22日、開封後48時間で再生できなくなる「48(よんぱち)DVD」のWebサイトを公開した。首都圏のコンビニエンスストアに加え、インターネット経由でも販売する。

photo オープンしたサイト

 48DVDは米FlexPlay Technologiesの技術を活用。DVDを真空パックして販売し、開封するとディスク表面で化学反応が始まり、48時間あまりで再生不能になる仕組みだ(関連記事参照)

 価格は税込み600円。第1弾として「アビエイター」「花と蛇」「カンフーサッカー」の3作品を9月17日に発売する。

 販売するコンビニは、東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県のファミリーマート、サークルKサンクス、ポプラ、生活彩家、くらしハウス、スリーエイトなど。インターネット販売は9月3日から受け付ける。ただし、「花と蛇」は年齢制限から、一部を除きコンビニ販売は行わない。

 コンビニ、ネットを通じた販売目標は10万枚。今後の展開は今回の売り上げ動向を参考に判断する。48時間で消えるという特性を活かし、販促ツールなどの用途開発も進める。

 「使い捨てではゴミが増える」といった指摘もあるため、パッケージにはディスク返送用に送料無料の封筒を同封。見終わったディスクは返送してもらい、リサイクルする。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -