ニュース
» 2005年08月26日 15時34分 UPDATE

自民党が“ブロガー記者会見”

自民党が、ブロガーやメルマガ作者を招いて懇談会を開催。ネットエイジの西川社長やはてなの近藤社長などが武部幹事長らと意見を交わした。

[岡田有花,ITmedia]

 衆院選公示を5日後に控えた8月25日、自由民主党は、著名なブログやメルマガ作成者を招いた懇親会を開いた。ネットエイジの西川潔社長やはてなの近藤淳也社長などが出席し、武部勤幹事長らと約1時間対話した。

 “ネット界の有名人”を招いての直接対話は、自民党としては初。広報部長代理で参議院議員の世耕弘成氏は「始める前は戦々恐々としていたが、非常に有意義な意見交換ができた」とほっとした表情。今後も同様な試みを行いたいと話した。

yu_jimin_01.jpg 武部幹事長の話に耳を傾けるブロガー達

 自らもブログを公開している世耕議員は「今回の選挙は、ブログやネットが大きな影響力を持つ初の選挙。ブロガーの皆さんにも政策情報を提供したい」と懇談会の意図を説明。武部幹事長は「ネットのおかげで国民と幅広いコミュニケーションがとれるようになった」などと話した。

 参加者は、自民党が選んだブロガーやメルマガ発行者33人。「日本ブロガー協会というものがある訳ではないので」(世耕議員)、雑誌などを参考にして人気ブログを調べ、約100人に招待メールを送ったという。招待ブロガーの1人・泉あいさんは、「GripBlog」で質問内容を募集するなど、ブログならでは試みを行っていた。

 自民党からの参加者は武部幹事長と世耕議員の2人。安部晋三幹事長代理も参加予定だったが、台風で交通機関が止まった影響で不参加となった。

 「記者懇談会のように、質問を受け、それに答えるという形式にします」――世耕議員がこう話した場に、記者は1人もいなかった。新聞や雑誌、テレビなどの“職業記者”の入室が許されたのは、冒頭の武部幹事長のあいさつだけ。記者はその後退出したため、懇親会はさながら、ブロガー専用記者会見といった様子だ。

yu_jimin_02.jpg 携帯やデジカメで写真撮影するブロガーも。撮影後携帯電話をいじっていた人もいた。リアルタイムで更新していたのかもしれない

 壁越しに聞こえてきた質疑では、グロービスの堀義人社長が「各候補の政策をネットで一覧できるようにしたかったが、公職選挙法に触れる恐れがあってできなかった。公選法を改正して欲しい」と要望。武部幹事長は「(法律を改正できるよう)次の選挙に向けて積極的に努力したい」と話した。

yu_jimin_03.jpg 武部幹事長は「ライブドアの堀江さんに初めて会った時、『政治家は徳を身につける必要がある』と説いたら、2回目に会った時、彼は少年のような顔をしていた。短い間で人は変われるもんだと思った」などと話していた

 ネットエイジの西川潔社長は「最近は、ブログを読むだけで選挙の動きが追えて便利」と話した後、「郵政民営化後に流動化する莫大な資金は誰が運用するのか」と質問。世耕議員は「民間には資金運用のプロがたくさんいる。人材を集めていきたい」などとした。

 はてなの近藤社長は「情報伝達手段が発達した今、自民党のWebサイトなどで党内の議論を公開するのは簡単はなず。小泉首相のメルマガ以外で情報公開したり、逆に、国民が党に意見を言える仕組みを作る予定はないのか」と質問。世耕議員は「毎朝の会議は、議事録の概要をネット公開している。会議の動画配信なども可能だろうが、議員がしゃべりたがって収集がつかなくなりそう。国民から意見を募るメーリングリストはあるが、9割以上がひぼう中傷で、意見を吸い上げ切れていない」などと話した。

yu_jimin_04.jpg 懇親会後、はてなの近藤社長は「自民党が意外と情報公開していたことに驚いたが、まだまだ努力できそう」などコメント
yu_jimin_05.jpg クイズプロデューサーでブログ「発想源」作者の弘中勝氏は、懇親会については「うーん」と一言。「ブログに書きます」

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -