速報
» 2005年09月09日 12時39分 UPDATE

ACCESS、PalmSourceを買収

ACCESSがPalmSourceを買収すると正式発表。PalmSourceの優れたユーザーインタフェースなどを取り込み、携帯電話向けアプリケーションを拡充するのがねらい。

[ITmedia]

 組み込み向けブラウザ「NetFront」で知られるACCESSは9月9日、Palm OSを開発する米PalmSource株式を100%取得すると正式発表した。潜在株式を考慮した場合の買収総額は約358億円。PalmSourceが持つ優れたユーザーインターフェース技術などを取り込み、携帯電話向けアプリケーションを拡充する。

 ACCESSの100%子会社・米Apollo Merger SubをPalmSourceに吸収合併し、実質的にACCESSの100%子会社化する。同日、両社取締役会で決議した。合併は12月の予定。

 PalmSourceは、PDA「Palm」用のOS・Palm OSや携帯電話向けOSを開発・ライセンス提供しているソフトウェアメーカー。Palm OS搭載機の累計出荷は約3900万台。今年1月にはChinaMobileSoftを買収、携帯電話向けLinux技術を取得した。2005年5月期は売上高7191万ドルに対し営業損失1024万ドル、純利益は1948万ドルだった。

 ACCESSは東証マザーズ上場のソフトウェアメーカー。PalmSourceとは、Webブラウザエンジンの提供などで協力してきた。買収で、ACCESSはPalmSourceが持つユーザーインタフェースやアプリケーション、開発者コミュニティを獲得し、携帯電話アプリケーションを大幅に拡充できるとしている。

 またLinuxベースのOSやPalmベースのアプリケーションなど、トータルなターンキーソリューションを提供できるようになる上、ACCESSの顧客基盤を活用することで収益の拡大と端末メーカーの開発コスト削減が可能になると見ている。

 ChinaMobileSoftの開発チーム約200人は、ACCESSの中国リソースの強化とLinuxソフトの開発に活用する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -