速報
» 2005年09月20日 20時58分 UPDATE

産経紙面をそのまま月額315円でネット配信

産経新聞の朝刊紙面をそのままネット配信する電子新聞サービスを10月1日に始める。料金は月額315円に抑え、「新聞離れ」と言われる20〜30代の若者がターゲットだ。

[ITmedia]

 産業経済新聞社は9月20日、朝刊紙面をそのままインターネットで配信する電子新聞サービス「産経NetView」を10月1日に始めると発表した。料金は月額315円に抑え、新聞離れが指摘される20〜30代の若者をターゲットに初年度3万人の加入を目指す。

sk_sankei_01.jpg

 東京朝刊最終版から全面広告やラジオ・テレビ欄などを除いた20ページ程度を毎朝5時に更新。配信はFlashベースで行い、Flash Playerのみで閲覧可能だ。紙面は25〜400%の範囲で拡大縮小ができ、スクロールはマウスドラッグで行える。紙面上の写真をクリックすると動画を再生するなど、リッチコンテンツにも対応した。

photo 見開きも可能(上)。広告なども紙面と同じで、「週刊誌の見出しなどは有力な情報」。読みやすい大きさに拡大もできる(下)

 システムは、3D技術開発などを手掛けるヤッパが開発。配信はAIIが行い、@nifty、OCN、BIGLOBE、So-netの会員向けに加入者を募集する。

 産経新聞は2001年8月、今回同様に紙面をそのままネット配信する「ニュースビュウ」を始めたが、想定を下回ったため今年3月にサービスを停止した。新サービスでは専用ビューアを不要とし、料金も低く設定するなどサービス内容を刷新して再挑戦する。

 ニュースサイトから情報を入手する層が広がっているのに対し、同社は「新聞紙面は見出しやレイアウトでニュースバリューが一目で分かるなどの利点がある。ネット社会に適した新聞のあり方を探っていく」と話している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -