速報
» 2005年09月27日 18時59分 UPDATE

400グラムのWindows XPマシン、新モデル登場

OQOの最新の超小型PC「OQO model 01+」は12.4×8.6×2.3センチ、約397グラム、1GHzのCrusoe、Windows XP、30GバイトのHDDを搭載する。

[ITmedia]

小型PCメーカーの米OQOは9月27日、最新の超小型PC「OQO model 01+」を発表した。

 この最新モデルは、旧モデルの「model 01」と同じ12.4×8.6×2.3センチ、約397グラムの超小型サイズ。スペックが強化され、新機能やアクセサリが追加されているとOQOは述べている。

 model 01+は1GHzのCrusoe、Windows XP、30GバイトのHDD、512MバイトのRAM、800×480のディスプレイを搭載。入力にはQWERTYキーボードとポインティングデバイス「TrackStik」を使用するか、ペン入力も可能だ。Wi-FiとBluetoothによるワイヤレス接続をサポートし、バッテリー駆動時間は最大で3時間。

 model 01+は既に販売開始されており、oqo.com/storeあるいは電話による直販で1899ドルで購入できる。

ah_OQO.jpg
ah_oqo1.jpg

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -