速報
» 2005年09月29日 10時20分 UPDATE

ロスレスWindows Media DRM採用の音楽配信がスタート

ロスレスWindows Media DRM採用の音楽配信が、EMI、Sony、Universal、Warnerの支持を得て米国でスタートする。1曲当たり1.29ドル、アルバムの標準価格は15.29ドル。

[ITmedia]

 MicrosoftのWindows Media DRMを採用したロスレスフォーマットによる音楽配信が、EMI Music、Sony BMG、Universal Music Group、Warner Music Groupの4大メジャーの支持により9月28日、スタートした。新興企業MusicGiants Networkによる音楽配信サービスでは1曲当たり1.29ドル。アルバムの標準価格は15.29ドル。

 ロスレスによるビットレートは最大で1100kbpsで、オリジナルのCDと同等のサウンドを再現するとしている。MusicGiants Networkへのアクセスは専用ソフトウェアを使用し、50ドルの年会費が必要。この50ドルはそのままユーザーの購入費用に充当される。

 対応プラットフォームはWindows XPまたはWindows 2000搭載PC。なお、MusicGiantsで購入したロスレス楽曲は、Windows Media Player、Winamp、RealPlayerなどのWMAフォーマットをサポートするプレーヤーで再生できるという。対応携帯プレーヤーとしては、Creative、Samsung、Olympusの製品が挙げられている。PCでの再生は、ダウンロードしたコンピュータに限定される。また、サービス地域は米国内に限定されており、米国内在住で米国のクレジットカードを所有している必要がある。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -