速報
» 2005年10月03日 16時38分 UPDATE

Yahoo!も書籍をデジタル化――Open Content Allicanceを発足

Googleと同様の書籍デジタル化にYahoo!も乗り出し、AdobeやO'Reilly Media、ネットアーカイブ団体とともにアライアンスを結成した。

[ITmedia]

 米Yahoo!は10月3日、デジタルアーカイブ団体などとともに「デジタル化されたテキストとマルチメディアの恒久的アーカイブ」を構築するOpen Content Allicance(OCA)を設立した。

 OCAにはYahoo!のほか、Adobe Systems、HP Labs、カリフォルニア大学、トロント大学、O'Reilly Media、ネットアーカイブ団体が参加している。OCAのアーカイブは非営利団体Internet Archiveが運営し、各参加団体の代表により管理される。

 同アライアンスのアーカイブには、マルチメディアを含む世界中のデジタルコレクションが集められる。コレクションはWebで公開され、Yahoo!がコレクションのインデックスを作成する。テキストコンテンツは自由に読めるように公開され、ほとんどの場合はPDFなどのフォーマットで保存・印刷できる。すべてのコレクションのメタデータはOpen Archives Initiative Protocol for Metadata Harvesting(OAI-PMH)やRSSなどのフォーマットを通じて公開される

 OCAは著作権に関して、コンテンツ保有者からコレクションの寄贈を受ける前に、コンテンツをデジタル化してアーカイブに収める許可を受けるとしている。また寄贈者はコンテンツと関連メタデータの利用法や配布条件を規定することができるという。

 例えば、Internet Archive、カリフォルニア大学、Yahoo!が寄贈したアメリカ文学のコレクションは、制限なしでいかなる目的でもダウンロード・再利用できるようになっている。

 また、コレクションは各国の複数のアーカイブに保存し、確実に長期間にわたって保存でき、ユーザーがアクセスできるようにするとOCAは説明している。

 「アレキサンドリア図書館の夢を実現し、それをさらに一歩進めるチャンスがわれわれの目の前にある」とInternet Archive創設者ブルースター・カール氏はOCAについてYahoo! Search Blogで述べている。

 Yahoo!のライバルのGoogleも書籍をデジタル化する計画を進めているが、著作権をめぐり出版会社から反発を受けている(5月30日の記事参照)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -