速報
» 2005年10月11日 07時51分 UPDATE

スタンフォード大チーム優勝、5台が完走――ロボットカーレース決勝

砂漠を舞台に行われた「自走」するロボットカーのレースで、初めて完走車が出た。

[ITmedia]

 米国国防総省高等研究計画局(DARPA)主催のロボットカーレース「Grand Challenge 2005」決勝戦で、スタンフォード大学の「スタンリー」が約212キロのコースを完走し、賞金200万ドルを獲得した。今年はスタンリーを含む5台のロボットカーが、自動制御で障害を切り抜け完走を果たした。

 10月8日から9日にかけて行われた決勝戦には、予選をくぐり抜けた23チームがエントリー。ネバダ州のモハベ砂漠を舞台に、複雑な地形や人工障害物を回避しながらスピードを競った。

 優勝したスタンリーは6時間53分58秒の最短時間でゴールに到達し、平均時速は約31キロ。以下、カーネギーメロン大学Red Teamの「スタンドストーム」(7時間4分50秒)、Red Team Tooの「H1ghlander」(7時間14分)、Gray Teamの「KAT-5」、Oshkosh Truckの16トンロボット「TerraMax」が完走した。

 昨年のGrand Challengeでは1台もゴールにたどり着くことができなかったため、記録達成は今回が初めて。10時間以内にゴールインした4台は賞金を獲得し、高速で長距離走行を果たした初のロボットカーとして歴史に名を残すことになった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -