ニュース
» 2005年10月13日 19時36分 UPDATE

NTT対抗軸を――KDDI、パワードコムを吸収合併

KDDIがパワードコムを合併し、東電と包括提携した。KDDIの固定・携帯通信網とパワードコムの営業力、東電のFTTHや電力インフラを融合し、NTTに対抗できる企業グループを形成する。

[岡田有花,ITmedia]

 KDDIと東京電力は10月13日、通信事業で提携すると正式発表した。両社のFTTH網を相互接続するほか、東電の子会社・パワードコムをKDDIが吸収合併する。固定・携帯・電力を融合した総合サービス網を築き、NTTに対抗できる企業グループを形成する狙いだ。

photo 左からパワードコムの中根滋CEO、KDDIの小野寺正社長、東京電力の勝俣恒久社長

 パワードコムの吸収合併は来年1月1日をめどに行う。合併比率はKDDI 1に対しパワードコム0.032。東電のKDDIへの出資比率は4.81%になる。

 パワードコム子会社のドリーム・トレイン・インターネット、フュージョン・コミュニケーションズ、ファミリーネットジャパンは、東電または他社への譲渡を検討。3社の扱いは東電が決める。

NTT対抗姿勢、鮮明に

 パワードコムの法人顧客基盤や営業力と、KDDIの固定・携帯通信網、東電のFTTH網・電力網を組み合わせ、NTTグループに対抗できる企業グループにするのが提携の狙いだ。

 KDDIのCDN網と東京電力のFTTH網を統合。両社の通信サービスも組み合わせ、価格競争力を高める。KDDIは、東電が今後実施する設備投資の資金の一部を負担。両社のFTTH事業全体の統合も視野に入れる。

 電力関連のサービスセットにFTTHサービスを組み込んだり、電力線インターネット(PLC)の提供も検討し、「FMC+E」(Fixed Mobile Convergence+Energy、固定と携帯の融合+エネルギー)サービスを展開するとしている。東電以外の電力各社との提携も視野に入れ、全国規模のNTT対抗軸を構築する構えだ。

 会見でKDDIの小野寺正社長は「KDDIのFTTH事業はNTTのダークファイバーを利用しているため、NTTの決めた料金以下にはできない」などとし、東電のインフラを活用してFTTH料金を下げ、サービスの柔軟性を高めたいとした。

 東電の勝俣恒久社長は「KDDIと相互補完して、パワードコムを生かしてもらいたい」とコメント。電力と通信を融合した新サービスを展開していきたいと話した。

 パワードコムの中根滋CEOは「NTTグループの対抗軸には1社だけではなれない」と、合併を歓迎する姿勢を強調。同社が議長を務める、全国の電力系通信会社の運営組織・Power Net Japanとも協調しながらNTTに対抗していきたいとした。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -