速報
» 2005年10月15日 07時26分 UPDATE

AMD、デスクトップCPUでIntelから首位奪取

AMDは9月の米デスクトップPC向けCPUシェアで初めてIntelを上回った。新学期シーズン前にAthlon 64搭載の低価格機が売れたことが要因。

[ITmedia]

 市場調査会社米Current Analysisが10月14日発表した統計によると、米国のデスクトップPC向けプロセッサで9月にAMDが過半数のシェアを確保し、Intelから首位を奪取した。

 9月に米国で小売り販売されたデスクトップPC向けプロセッサのシェアは、AMDが52%となり、Intelの46%を上回った。AMDはこれまでにも一時的にデスクトップ用プロセッサでIntelをしのぐことはあったが、月間を通じてIntelの売り上げを上回ったのはこの9月が初めてだという。

 AMDの躍進は、Media Center PCの人気上昇が直接的な要因となっている。Media Center PCは、新学期シーズンに当たる9月に米国でデスクトップ小売り販売の46%を占めたが、このうち55%にはAMDプロセッサが搭載されていた。特に、AMDのAthlon 64プロセッサとMicrosoftのMedia Center OSを搭載したHP Pavilion a1130n(679ドル)は最大のヒット製品となった。

 今後の年末商戦に向け、Media Center PCとAMDには大きな弾みが付いていると、同社アナリストは分析している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -