速報
» 2005年10月25日 08時06分 UPDATE

IBM、医療・教育分野のオープンソース普及を支援

IBMは医療・教育分野で自社の特許を無償提供し、同分野でのサービスの品質改善とコスト削減を支援する。

[ITmedia]

 米IBMは10月24日、医療・教育分野でのオープンソース標準普及を目指し、自社の特許を無償提供する計画を発表した。

 医療と教育の分野でWebサービス、電子フォーム、オープン文書フォーマットを使ったオープンソフト標準の開発と実装のために、IBMの特許技術を特許料無料で提供する。

 現在、医療と教育の現場では相互に互換性のない文書フォーマットとプロプライエタリな技術が氾濫しているため、業界としての成長とサービスの提供が妨げられているとIBMは指摘。IBMの新プロジェクトによって、情報が正確、セキュアかつ効率的に共有できるようになり、サービスの品質改善とコスト削減の一助になると説明している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -