速報
» 2005年10月27日 08時17分 UPDATE

RIMの訴訟進行停止請求、最高裁でも却下

RIMとNTPの特許訴訟で、RIMによる訴訟の進行の一時停止請求が最高裁でも却下され、連邦地裁での審理が続けられる見通しとなった。

[ITmedia]

 カナダのResearch In Motion(RIM)は10月26日、NTPと争っている特許訴訟をめぐり、訴訟進行の一時停止を求めたRIMの申し立てが米連邦最高裁で退けられたと発表した。

 RIMは連邦控訴裁が先に言い渡した判決を不服として最高裁に上訴しており、最高裁が上訴を受け入れるかどうかを決定するまでの間、訴訟の進行を一時停止するよう求めていた。

 RIMによれば、最高裁の今回の決定は、訴訟の進行については通常の手続きに従って連邦地裁の判断に任せると決めたもので、最高裁で上訴を受け入れるかどうかの決定はまだ下していない。上訴受け入れについての審理は今後数カ月で行われる見通しだとしている。

 今後は先の控訴裁決定に従って連邦地裁に差し戻され、RIMに対して米国内でのBlackBerry提供禁止を命じるかどうかについても審理が進められる見通し。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -