ニュース
» 2005年11月01日 19時31分 UPDATE

Amazon.co.jpが5周年 新鋭拠点で配送スピード向上へ

「ネット書店の黒船上陸」から5周年。Amazon.co.jpの中枢となる新物流拠点が公開された。広大なスペースを活用して在庫を拡充し、24時間以内に発送する商品などを充実させる。

[ITmedia]

 アマゾンジャパンが2000年のサービス開始から11月1日で5周年を迎え、千葉県内に新設した物流拠点を報道陣に公開した。世界売上高の1割を占める「Amazon.co.jp」の中枢として広大なスペースを確保。24時間以内に発送する商品を大幅に拡充するなど、顧客満足度向上につなげる。

photo 新拠点「アマゾン市川FC」。JR武蔵野線・京葉線の車内からもよく見える

 「Amazon.co.jp」がネット書店の“黒船”としてサービスを開始したのは2000年11月1日。その後CDやゲーム、家電まで合計1000万点の商品を扱う総合ショッピングサイトに拡大した。1年に1度は購入しているアクティブカスタマー数は今年9月末、2002年の同時期から5倍となる500万人にまで成長した。

photo Amazon.co.jpユーザー数の推移

 アマゾンジャパンの売上高は公表していないが、Amazonの2004年世界売上高約69億ドルのうち「日本は10%を占める」(ジャスパー・チャン社長)。12四半期連続で営業黒字を達成し、黒字転換したタイミングは各国のAmazonで最速だったという。

 アマゾンジャパンの成長力の源泉となる低コストオペレーションの拠点が「アマゾン市川フルフィルメントセンター(FC)」だ。千葉県市川市のJR市川塩浜駅(武蔵野線・京葉線)近くに9月末、完成した。

photo まだ空のスペースも多い。引っ越しが済み次第、旧拠点は閉鎖する

 延べ床面積は6万2300平方メートルと、同市内の旧拠点から約4倍に拡大。4階建てのうち2階と3階の合計3万9000平方メートルを丸々在庫スペースとして使う。一部商品は海外配送も担当する。

photo
photo 図書館のように書棚が並ぶ書籍在庫フロア。「天使のたまご絵コンテ集」と「竹中教授のみんなの経済学」、哲学・思想辞典とMySQLの解説本が隣り合っていたりする。配置方法はノウハウの固まりのようだ

 広大な在庫スペースは商品ラインアップの拡充に活用する。24時間以内に発送可能な商品を「圧倒的に増やす」(アマゾンジャパン・ロジスティクスの瀧井聡社長)ほか、プラズマテレビなどの大型製品の取り扱いも強化する。瀧井社長は「品質の高いサービス提供のためのプラットフォーム。『こんなサービスがAmazonにあったらいいな』を実現していきたい」と話している。

photo 4階のカフェテリア。まだ引っ越し中ということもあり、殺風景。近隣在住者を中心に数百人規模が働く

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -