ニュース
» 2005年11月13日 00時00分 UPDATE

「お騒がせしてすみません」――生協の白石さんサイン会

ネット発のベストセラー「生協の白石さん」のサイン会が、東京農工大の学園祭で行われた。たくさんのファンを前に白石さんは終始恐縮しっぱなしだった。

[岡田有花,ITmedia]

 「お騒がせしてすみません」「お待たせして申し訳ありません」――生協の白石さんは、心から恐縮した様子でこんな言葉を繰り返した。

 11月12日、東京農工大学の学園祭で「生協の白石さん」サイン会が行われ、整理券配布前から100人近くが列を作った。同書の著者で農工大生協の職員・白石昌則さんは、サインを求める1人1人に声をかけながら、「ひとことカード」に「ありがとうございました」などと書き入れた。

photo

 「生協の白石さん」は、農工大生協のアンケート用紙「ひとことカード」の内容をまとめた本(関連記事参照)。その絶妙な受け答えがネット上で話題になり、11月2日に書籍化された。Amazonの売り上げランキングは常に1位。ネット書店だけでなく実店舗でも売れ、紀伊国屋書店でもランキング1位に。テレビや雑誌、新聞でも続々紹介されている。

 当の白石さんはこの状況に「お騒がせして申し訳ない」とひたすら恐縮する。サイン会でも1人1人に「お待ちいただいてすみません」「どちらからいらっしゃったんですか? 遠くから来ていただいてありがとうございます」「(もっとかっこいい人を想像していただろうに)がっかりさせちゃってすみません」などと話し、「学園祭をぜひ楽しんでください」と声をかけていた。

photo 白石さんのサインを求める人々が列を作った

 サインを求めて並んだのは、在校生や在校生の母親、卒業生、近所に住む親子連れ、白石さん人気をネットで知ったIT企業の社員など実にさまざま。白石さんに「大変そうですががんばってください」「いつも楽しみにしています」などと話しかけ、プレゼントを渡す人もいた。

photo 1番乗りは、整理券配布の2時間半前、9時半に来たという埼玉の予備校生(20)。初めて会った白石さんは「好青年という感じでした。どんな質問にもまじめに答えてくれるところが好き」
photo 「白石さんは、想像していたよりも若くてさわやかでした」と、在校生の母親の2人組。テレビや「R25」で白石さんを知り、ブログも見ていたという。サインをしてもらいながら「生協で買ったマウスパッドが壊れた」と話しかけると、白石さんは「申し訳ありません。生協に持ってきてください」と言ったとか。白石さんはサイン中も決して仕事を忘れない

 前日からたっぷり眠ってサイン会に備えていたという白石さんは、サイン会終了後、「みなさん『大変ですね』などと言ってくださって、気を遣っていだたいているのが痛いほど分かりました。風も強くなってきて肌寒いのに、ずっと待っていただいて申し訳なかったです。学園祭も楽しんでいただければと思います」などと丁寧にコメント。テレビのインタビューや新聞の取材に次々に応じていた。

photo 白石さんには常に複数のテレビカメラが付いて回り、サイン会後はインタビューの収録も行われた

 これまで顔を出していなかった白石さんは、「みなさんをがっかりさせるのが申し訳なくて」今回も顔出しNG。「外に出て何かを話すたびに、みなさんのイメージを崩してしまう」と恐縮していた。

 本が売れても私生活に特に変化はないという。しかしテレビなどで取り上げられるたび、ひとことカードに、生協の業務とは関係ない“ネタ”的な投稿が増えると少し困った様子だ。「あくまで生協への要望を伝える掲示板ですので、まじめな投稿をお待ちしています!」

photo 白石さんの働く工学部生協の書籍売り場。カールおじさんがいるあたりに「生協の白石さん」も置いているが、今は売り切れ
photo ひとことカード掲示板には「本の売れ行きどう?」という質問も。白石さんはやっぱり丁寧に答えつつ、他の商品のセールスも忘れない

 農工大の学園祭は13日まで(サイン会は12日のみ)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -