ニュース
» 2005年11月14日 12時04分 UPDATE

Google、アクセス解析サービスを無料に

GoogleのWeb解析サービスはこれまで有料だったが、月間500万PV(ページビュー)までなら誰でも無料で利用できるようになる。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 米Googleは11月14日、企業がオンラインマーケティングキャンペーンの効果を追跡できるホスティング型Web解析サービスを無料で提供すると発表する。

 このサービス「Google Analytics」は誰でも無料で利用でき、月間500万PV(ページビュー)の上限がある。Google AdWordsの広告主であればこの上限は適用されないとGoogleのエンジニアリングディレクター、ポール・ミュレ氏は語る。

 このサービスは以前は「Urchin on Demand」と呼ばれていたもので、これまでは月間10万PVを上限に月額199ドルで提供されていた。

 AdWordsの広告主には、追加の解析機能もいくつか提供されるとミュレ氏。同氏は、先にGoogleが買収したWeb解析システム企業Urchin Softwareの創設者。

 しかし、Google AnalyticsはもっぱらAdWords解析ツールとして作られているわけではない。複数の広告業者によるさまざまなタイプのオンラインマーケティングキャンペーンを監視できる完全な解析パッケージとして設計されているとミュレ氏は説明する。

 Google Analyticsの無償化により、GoogleはWeb解析の分野にかなりの注目を集めるだろう。それによって多くの新規顧客が集まり、Web解析市場全体がメリットを受けるはずだが、ベンダー各社に大きな価格圧力もかかるだろうとJupiter Researchのアナリスト、エリック・ピーターソン氏は語る。

 今回のGoogleの動きは、強力な専門的サービス・コンサルティングで自社のパッケージやホスティング型ソフトを補完できないWeb解析ベンダーにはマイナスの影響を及ぼすだろうとピーターソン氏は指摘する。「“タダ”というのは常に魅力的だが、Googleの“タダ”はこれまで最も魅力的な提案だった」

 しかし、WebSideStory、CoreMetrics、Omnitureなど強力な専門的サービス・コンサルティング部門を持つベンダーなら、もっとうまく競争していけるだろうと同氏は言う。少なくとも今のところは、GoogleにはGoogle Analytics向けの大規模な専門的サービス・コンサルティングチームがないからだという。

 Googleはやろうと思えば大規模なサービス・コンサルティングチームをすぐに構築できるだろうが、現時点ではGoogle Analyticsはむしろ、この種の支援を求めない大企業ではなく、中小企業のニーズに合わせたものだとピーターソン氏は指摘する。

 Google Analyticsはバナー広告、推薦リンク、電子メールニューズレター、アルゴリズム検索、有料検索のパフォーマンスを監視できる。これにより企業は自社のWebサイトに何人のビジターが誘導されたか、そこでのビジターの行動を追跡できる。

 Webサイトオーナーは、Google Analyticsが集めた統計データ、同サービスが生成した報告書、グラフを使って、各種広告キャンペーンの効果や、売上を伸ばすためにWebサイトをどう改善するべきかなどを判断できる。

 Google Analyticsの新機能には、ユーザーがもっと簡単にデータを評価、解釈できる新しいリポーティングダッシュボード、英語以外の言語(フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語、日本語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語、ノルウェー語)のサポートなどがある。

 Google Analyticsはサイト利用をあらゆる規模で監視でき、最大で1週間に数億件のアクセスに対応するとミュレ氏は説明する。同製品の顧客は、The Financial Times、National Semiconductor、Ritz Interactiveなど。

 Googleは、Google Analyticsよりも機能が少ないWeb解析ソフトパッケージ「Urchin 5」も販売している。同製品は、基本モジュールの価格が895ドルで、オプションモジュールで機能を拡張できる。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -