速報
» 2005年11月17日 11時00分 UPDATE

任天堂「Revolution」にプレイ制限機能

任天堂の次世代ゲーム機「Revolution」には、ゲームのレーティングに基づいてプレイを制限できるシステムが搭載される。

[ITmedia]

 Nintendo of Americaは11月16日、2006年に投入する次世代ゲーム機「Revolution」にプレイコントロールシステムを搭載することを明らかにした。

 このシステムを使うと、保護者は「E(全年齢)」「E10+(10歳以上)」「T(13歳以上)」「M(17歳以上)」などのゲームのレーティングに基づいて、子どもがプレイできるゲームをパスワード付きで設定できる。

 ゲームソフトには米娯楽ソフトウェア格付け委員会(ESRB)が定めたレーティングを示すコードが含まれており、このコードがプレイコントロールシステムを起動して、ロックがかけられたり解除されたりする。この機能は全世界のすべてのRevolutionに搭載される予定だという。

 「多くの任天堂のゲームはE、E10+、Tだが、このような機能をハードに組み込むべきだと考えている。これは正しいことだ」とNintendo of Americaの販売・マーケティング担当上級副社長レジー・フィルズ−エイム氏は発表文で述べている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -