速報
» 2005年11月17日 16時03分 UPDATE

ソニーとNEC、光ドライブ事業を統合へ

ソニーとNECが光ドライブ事業を統合し、来年4月の事業開始を目指して合弁会社を設立する。Blu-rayとHD DVDのどちらに対応していくかは「需要を見ながら判断していく」方針だ。

[ITmedia]

 ソニーとNECは11月17日、光ディスクドライブ事業の合弁会社設立を目指して覚書を締結したと発表した。2006年4月1日の事業開始を計画している。DVDなどの光ドライブは今後も需要拡大が見込まれており、NECのドライブ用LSI技術と、ソニーの光ピックアップ技術を持ち寄ることで同事業を強化、世界トップクラスのドライブメーカーを目指す。

 正式契約は1月末までをめどに締結する方向で協議を進める。合弁会社はソニーが55%、NECが45%を出資する予定。社長はソニー、副社長はNECから派遣する。

 新会社には両社の光ドライブ事業を移管し、PCなどに搭載されるDVDドライブやCDドライブなどを中心に、商品開発や設計、製造、法人向けマーケティングと販売を世界展開する。両社同事業の2004年度売上高の合算は約2200億円。

 ソニーの光ピックアップ部門などはソニー本体に残し、新会社はソニーとNECから部品を購入して製造する形となる。

 NECの金杉明信社長は「世界トップになるために、主要部品の調達から開発、生産、販売まで相互補完できるソニーと協業することが最善の選択と判断した」、ソニーの中鉢良治社長は「DVDを中心に優れた技術力を備えるNECと組むことで、製品構成と品質の両面で世界レベルで製品力強化につながる」とコメントしている。

 次世代光ディスクでは、ソニーがBlu-ray Disc(BD)、NECは東芝と組んでHD DVDを推進している。ソニー広報センターは「合弁会社は規格統一といった動きには影響はない」とした上で、「合弁会社はBDとHD DVDの需要を見ながらどれを製造するかを判断する」としている。BDとHD DVDの両方を扱う可能性もありうるが、「投資負担もあるため、需要を見ながら商品構成などを考えていくことになるだろう」という。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -