速報
» 2005年11月17日 18時05分 UPDATE

VIA、IntelのFSBから乗り換え

ライセンス契約とパフォーマンスを理由に、VIAは133MHzのIntel FSBから高速な独自FSBへの移行を進めている。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 VIA Technologiesは同社CPUを利用している顧客に、3月末までに、同社が設計したフロントサイドバス(FSB)を搭載したCPUのみを販売開始すると通知した。同社はIntel互換FSBを利用するための契約を延長しないつもりだ。

 VIAは5月に最新の「C7」プロセッサを立ち上げて以来、そうした移行を進めてきた。このとき、同社はIntelとのライセンス契約の下で使っていた古いFSB(最速で133MHz)に換えて、800MHzの独自FSB「V4-Bus」を導入した。FSBが高速なほど、アプリケーションの動作が速くなる。

 「われわれは新しいFSBアーキテクチャに変えなければならない。その主な理由はパフォーマンスを向上させる必要があるからだ」とVIAのマーケティング担当副社長リチャード・ブラウン氏は語った。

 顧客がそれに合わせて計画を変えられるよう、この変更を通知したいと同氏は述べた。

 「明らかに、顧客にこの移行を知らせなければならない」(同氏)

 今回の変更は、VIAとIntelの契約の期限切れが迫っていることも原因だ。この契約は、VIAが2006年3月末まで自社のCPUでIntel互換のFSBを利用することを認めている。

 VIAはこの契約を延長するつもりはないという。

 Intelはコメントを拒否した。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -