速報
» 2005年11月30日 08時15分 UPDATE

欧州で根強いP2P人気、「音楽は有料」の意識薄く――JupiterResearch調査

欧州ではP2P経由で音楽を入手しているユーザーが、合法サービスから購入しているユーザーの3倍に上り、「CDにはお金を払うほどの価値がない」と考える若者も多いという。

[ITmedia]

 欧州ではファイル交換ネットワークから音楽をダウンロードしているユーザーが15%に上るのに対し、AppleのiTunes Music Storeなど合法サービスから購入しているユーザーは5%にすぎない――。調査会社JupiterResearchが11月29日、こんな調査結果を発表した。

 特に15〜24歳の層では34%がファイル交換を利用しており、音楽は有料で買うものだという意識も薄いと調査では指摘。この層のうちインターネットで音楽を利用しているユーザーの40%は「CDにはお金を払うほどの価値がない」と答え、「CDを買うよりもコピーする方がいい」との回答も43%に上った。

 こうした層は今のうちに音楽を買う習慣を身に付けさせなければ、今後もずっと音楽を買う習慣に馴染まず、音楽業界は長期的な損害を被る可能性があると、JupiterResearchでは指摘している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -