速報
» 2005年12月05日 21時51分 UPDATE

FAX機を全営業店で廃止──百十四銀行

百十四銀行が、金融機関としては初めて全営業店でFAX機を撤廃。NECのFAX誤送信防止システムを導入した。

[ITmedia]

 百十四銀行(高松市)はこのほど、FAXの誤送信による情報漏えいなどを防ぐため、全営業店のFAX機約200台を撤廃した。システム構築を担当したNECによると、金融機関が全営業店のFAX機を撤廃したのは初めてという。

photo FAX機を全廃する「スキャナ方式」と、既存FAX機を受信にのみ使う「集中センタ承認方式」の2方式に対応する

 新システムでは、FAX送信は行内PCとネットワークで接続したFAXサーバ経由で行う。外部顧客への送信時には、あらかじめ登録しておいた顧客データベースとFAX番号を照合するため、入力間違いによる誤送信を防げる仕組みだ。

 FAX送信時はパスワード認証を行うなどし、不正利用も防止できる。FAX機の撤廃で、機器運用コストも大幅に削減できる。

 金融機関によるFAXの誤送信が相次いでおり、誤送信防止システムへのニーズが高まっているという。NECのシステムの販売価格は1500万円から。本年度中に10システムの受注を見込んでいる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -