速報
» 2005年12月14日 21時02分 UPDATE

BSデジタルに三井物産ら3社参入が決まる

電波監理審議会が、BSデジタル放送の新規参入事業者として3社を認める答申をまとめた。各社は2007年からハイビジョン放送を開始する計画。

[ITmedia]

 総務大臣の諮問機関・電波監理審議会は12月14日、BSデジタル放送の新規参入事業者として日本ビーエス放送ら3社を認める答申をまとめた。各社は2007年にハイビジョン放送を開始する計画だ。

 3社は、ビックカメラ系の日本ビーエス放送、伊藤忠商事らが出資する映画専門局のスター・チャンネル、三井物産が設立するワールド・ハイビジョン・チャンネル。新規参入事業者に開放される48スロットのうち、日本ビーエス放送に18スロット、ほか2社に15スロットずつ割り当てる。

 ワールド・ハイビジョン・チャンネルは、三井物産が来年9月に資本金15億円を全額出資して設立する。完全無料の24時間放送とし、通販番組やナショナル・ジオグラフィック・チャンネル、MTVなどのコンテンツを放送する計画だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -