速報
» 2005年12月21日 08時35分 UPDATE

Google検索ランキング、SNSブームを反映

Google検索ではソーシャルネットワーキングの「Myspace」がトップ。ニュースではハリケーンや津波が注目を集め、ショッピングは昨年に続きiPodが首位だった。

[ITmedia]

 米Googleは12月20日、今年1年の検索キーワードランキング「Google Zeitgeist」を発表した。

 Google.comのメイン検索では、ソーシャルネットワーキングサイト(SNS)ブームを反映して「Myspace」がトップに、「orkut」が5位に入った。2位はP2Pのファイル交換ソフト「Ares」が入り、6位の「iTunes」をしのぐ人気。このほか中国のGoogleと言われる「Baidu」が3位、偽投稿で論議を呼んだ「Wikipedia」が4位となっている。

gainers

 Google Newsのトップは「Janet Jackson」。次いで米国南部に大規模な被害を及ぼした「Hurricane Katrina」が2位、東南アジアを襲った「tsunami」が3位となり、4位にはMicrosoftから発売された「Xbox 360」が入った。

news

 ショッピング検索Froogleでは昨年に引き続き、Appleの「iPod」が首位。「iPod mini」(4位)、「iPod shuffle」(8位)、「iPod nano」(10位)もトップテン入りして圧倒的人気を見せつけた。2位の「digital camera」、3位の「MP3 player」に続き、ゲーム機では「PSP」が5位に入り、7位の「Xbox」を上回っている。

froogle

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -