ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2006年01月23日 16時00分 UPDATE

Adobe、「Acrobat 3D」リリース

Acrobat 3DはCADフォーマットを3Dモデルに変換し、それをPDFファイルやOffice文書に埋め込めるようにする。

[ITmedia]

 米Adobe Systemsは1月23日、3D設計文書の共有を容易にする新しいデスクトップソフト「Adobe Acrobat 3D」をリリースした。

 このソフトのユーザーは、CADソフトを持っていなくても、主要CADフォーマットを簡単に3Dモデルに変換し、それをPDFファイルに埋め込むことができる。また、3DモデルをMicrosoft Word、Excel、PowerPointに挿入することも可能だ。

 これにより、CADビュワーやCADソフトがなくても、プロジェクトメンバー間で簡単に3D CADデータをPDF文書の形で共有できる。Adobe Reader 7.0のレビュー機能を使えば、チームメンバーが共同でPDFファイルをレビューして、コメントを付けたりすることができる。

 さらに、3Dオブジェクトの断面図や、組み立て・分解手順などのアニメーションを加え、インタラクティブなPDF文書を作ることも可能だ。

 Acrobat 3Dは英語版、フランス語版、ドイツ語版が提供されており、日本語版は2月にリリースの見込み。推定小売価格は995ドル。Acrobat 7.0 ProfessionalとAcrobat 6.0 Professionalの登録ユーザーは、それぞれ推定価格545ドル、699ドルでAcrobat 3Dにアップグレードできる。対応OSはWindows 2000、XP、XP Tablet PC Edition、IBM AIX 5.2、HP-UX 11.0、SGI IRIX 6.5、Sun Solaris 2.8。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.