速報
» 2006年01月25日 07時14分 UPDATE

Disney、Pixarの買収で合意

Apple Computerのスティーブ・ジョブズ氏がDisneyの取締役に就任することが決まった。Pixar/Disneyアニメーション製作部門として、Pixarの拠点はそのまま維持される。

[ITmedia]

 米Walt Disneyは1月24日、Pixarを株式交換方式で買収することで合意したと発表した。買収総額は74億ドル相当となる。今年夏までに買収完了の見通し。

 Pixarの会長兼CEOを務めるスティーブ・ジョブズ氏はDisneyの取締役に就任する。新たにPixar/Disneyアニメーション製作部門を新設してPixarのエド・キャットムル社長が部門社長に就任。それぞれの拠点は現在のまま維持する。

 買収成立のためにはPixar株主の承認が必要になるが、Pixarの発行済み株式は約50.6%をジョブズ氏が保有しており、同氏は買収に賛成票を投じることに同意したとしている。

 ジョブズ氏は「DisneyとPixarは、別々の株主を持つ別々の2社であることに起因する障壁なしに協力できることになった。これで、世界中で何百万もの観客に喜んでもらえる革新的なストーリー、キャラクター、映画の創作という最も重要なことに誰もが集中できる」とコメント。

 Disneyのボブ・アイガーCEOは「Pixarが加わることで、Disneyの事業全体の重要な牽引役であるアニメーションが大幅に強化される」と説明している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -