速報
» 2006年01月26日 21時07分 UPDATE

ソニー、通期予測を上方修正 700億円の最終黒字に

「BRAVIA」や「PSP」の好調でソニーが増収増益決算を発表。通期業績予想は100億円の最終赤字から一転、700億円の黒字に上方修正した。

[岡田有花,ITmedia]

 ソニーは1月26日、2006年3月期通期の連結純利益予想を700億円に上方修正した。当初は100億円の純損失を見込んでいた。液晶テレビ「BRAVIA」や「プレイステーション・ポータブル」(PSP)が好調だったほか、為替が想定よりも円安に推移したため。

 売上高は前回予測より2%増の7兆4000億円、営業利益は同1200億円改善して1000億円、税引き前利益は同3.75倍の1900億円に上方修正する。

 同日発表した第3四半期(2005年10〜12月)の連結決算(米国会計基準)は、売上高が前年同期比10.2%増の2兆3676億円、営業利益が同46.8%増の2028億円。税引き前利益は同51.4%増の2259億円、純利益は同17.5%増の1689億円。売上高と純利益は四半期ベースで過去最高を更新した。

 同社の大根田伸行CFO(最高財務責任者)は「業績に回復の兆しは見えるが、利益などはまだまだ満足のいく結果とは言えない」とし、引き続き改革を断行する姿勢を強調した(関連記事参照)

 エレクトロニクス分野の売上高は同4.7%増の1兆5958億円、営業利益は同56.2%増の789億円。原価率の改善や円安が利益増につながった。

photo

 液晶テレビや液晶リアプロジェクションテレビは増収だったが、ブラウン管テレビとプラズマテレビは減収で、テレビ事業全体では19億円の営業損失。黒字化は2006年下期になる見込みだ。

 フラッシュメモリ/HDD内蔵型ウォークマンも増収増益だったが「ソフトのバグ問題などもあり、期待より低かった」(大根田CFO)としている。PC「VAIO」も欧米で好調で、VAIOを含む情報・通信分野は、売上高は微減だが利益率が大幅に改善した。

photo

 ゲーム部門はPSP、PlayStation 2(PS2)ともに好調で、売上高は同48.3%増の4192億円、営業利益は同52.1%増の678億円。PSPのハード出荷数は622万台(同11.2倍)、ソフト出荷数は1450万本(同10.2倍)、PS2のハード出荷数は536万台(同27%減)、ソフト出荷数は9300万本(同15%減)だった。

 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズの携帯事業は、海外向けのウォークマン携帯や3G携帯などが好調で、売上高、純利益で過去最高を更新した。

 映画部門は前年同期の「スパイダーマン2」のDVD・VHSソフト好調の反動や、「The Legend of Zorro」の不振などで同0.4%の減収。金融部門は、ソニー生命の増収などで売上高は同31.3%増、営業利益は同2.4倍に伸びた。

 一部の音楽CDでrootkit問題が起きたSONY BMGは、売上高こそ同0.7%減ったが、税引き前利益は同6.2倍に急伸した。ソニー・ミュージックエンタテインメント(SMEJ)は、平井堅のアルバムヒットなどにより増収だった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -