速報
» 2006年02月07日 07時56分 UPDATE

BMWとリコーの独サイト、SEO対策問題でGoogle検索から削除

www.bmw.deのページが検索エンジンに対しては文字を多用したページを提示し、ブラウザで見ると別のURLにリダイレクトしていたのはGoogle規律違反に当たると指摘された。

[ITmedia]

 ドイツのBMWサイト「BMW.de」が、SEO(検索エンジン最適化)対策に関する規律違反でGoogleの検索対象から外された。リコーのドイツ語サイト「ricoh.de」も同様の理由で近くGoogleインデックスから削除する予定だという。Googleエンジニアのマット・カッツ氏が自身のブログで明らかにした。

 ブログによれば、www.bmw.deのページは検索エンジンが訪れると「neuwagen」(ドイツ語で新車の意味)などの文字を多様したページが提示されるが、ユーザーのブラウザではJavaScriptを使ってすぐに、画像を多用した別のURLにリダイレクトされる仕組みになっていた。

 このやり方は、「ユーザーを欺いたり、検索エンジンに対してユーザーに表示するのと違うコンテンツを提示してはならない」と定めたGoogleの規律に違反するとカッツ氏は指摘している。

 なお、現在では問題のJavaScriptリダイレクトページの少なくとも一部は取り除かれたようだとカッツ氏。ブラウザでbmw.deを訪れても、URLは変わらないままで画像を使った通常のページが表示されている。

 Googleでは英語以外のサイトでもこうした「Webスパム」に対する取り締まりを強化しているとカッツ氏は述べ、SEO対策の行き過ぎに釘を刺している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -