ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2006年02月08日 07時58分 UPDATE

Novell、Linuxデスクトップのグラフィックス機能強化

NovellはLinux用グラフィックスサブシステム「Xgl」と、これに付随するコンポジット/ウィンドウマネージャ「Compiz」をリリースした。

[ITmedia]

 米Novellは2月7日、「Xgl」(X over OpenGL)グラフィックスサブシステムと、これに付随するコンポジット/ウィンドウマネージャ「Compiz」のリリースを発表した。これにより、Linuxデスクトップの使い勝手向上、エンドユーザーの生産性向上を図ることができるとしている。

 Novellによると、これによりオープンソース開発者が新しい特殊効果やユーザーインタフェースパラダイムを、Xgl/Compizのプラグインとして作成することが可能になる。こうした機能を持つプラットフォームはほかになく、Linuxはデスクトップグラフィックス機能ですべてのOSの最先端に立つことになると解説している。

 Compizでは透明処理やアニメーションといったリッチな視覚効果を備えたプラグインを作成し、Linuxデスクトップに簡単に追加できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.