速報
» 2006年02月20日 19時28分 UPDATE

ACCS旧URLへの攻撃に再び注意喚起

ACCSサイトの旧URLに対し、「Antinny」感染PCからと見られるアクセスが現在も続いているため、ACCSはアクセス元への注意喚起を再び始める。

[ITmedia]

 コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は2月20日、旧サイトURL「www.accsjp.or.jp」に対しアクセスが続いているとして、ISPなどを通じてユーザーに注意喚起すると発表した。

 昨年1月、ウイルス「Antinny」に感染したユーザーによるDDoS攻撃を受け、URLを「www2.accsjp.or.jp」に変更した(関連記事参照)。変更時にもユーザーへの注意を促してきたが、約1年がたった現在でも旧URLへのアクセスは続いているため、日本データ通信協会 Telecom-ISAC Japanの支援を受けて再び注意喚起に取り組む。

 ACCSは「当協会ホームページに対する攻撃対策だけではなく、Antinnyに感染するとPC内のデータが流出し、多くの被害者が続出していることから、セキュリティの観点からも感染ユーザーに対する注意喚起は有効」としている。

 Antinnyをめぐっては、昨年10月にマイクロソフトが同ウイルスの削除ツールを公開。11月下旬の時点で約11万〜20万以上のAntinnyを駆除したと見られるが、感染PC全体の約40%にとどまっているもようだ(関連記事参照)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -