速報
» 2006年02月21日 18時31分 UPDATE

ネット広告市場が1.5倍に、従来媒体は微減 電通調査

動画広告の普及や検索連動広告の好調などでネット広告費が伸び続ける一方、テレビや新聞などの広告費が微減した。

[ITmedia]

 電通がこのほどまとめた2005年の広告費調査によると、インターネット広告が前年比54.8%増と高い伸びを示した。総広告費に占めるシェアは、同1.6ポイント増の4.7%。総広告費は同1.8%増の5兆9625億円だったが、テレビや新聞などマスコミ4媒体の広告費は微減した。

 ネット広告費は2808億円で、うち検索連動広告が590億円、モバイル広告が288億円。ブロードバンド回線の普及でデータサイズの大きなバナー広告の販売が伸び、広告単価が上がったことや、無料動画配信サービスによる動画CM市場の拡大、検索連動広告の定着などが寄与した。

 テレビ、ラジオ、新聞、雑誌のマスコミ4媒体広告費は、前年比0.7%減。テレビは同0.1%減(2兆411億円)、ラジオは同0.9%減(1778億円)、新聞は同1.7%減(1兆377億円)、雑誌は同0.6%減(3945億円)と、全媒体で微減した。雑誌は、PCやネット関連で休刊が目立った。

 マスコミ4媒体への広告出稿業種別では、「家電・AV機器」が同7.1%増加。携帯音楽プレーヤーや液晶テレビの出稿が伸びた。デジタルカメラの広告が落ち込んだ「精密機器・事務機器」は、同18.4%減っている。

 それ以外の分野では、CATVがトリプルプレイニーズに支えられて加入世帯数を伸ばし、広告費も同4%増えた。BS放送も、薄型テレビ普及で試聴可能世帯が増え、新規出稿を集めて同19.8%増だった。

 今年の総広告費は、景気回復やサッカーワールドカップ効果などで前年比2.1%増の6兆883億円となる見込み。マスコミ4媒体は同0.8%増える見通しで、それ以外の分野は、ネット広告がけん引して同4.1%増と予測している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -