速報
» 2006年02月22日 18時00分 UPDATE

「オーマイニュース」日本版設立へ ソフトバンクが出資

韓国で大きな影響力を持つ市民参加型ネット新聞「オーマイニュース」にソフトバンクが出資。日本法人を設立し、日本版を展開する。

[ITmedia]

 ソフトバンクは2月22日、韓国Ohmynewsの第三者割り当て増資を引き受け、Ohmynewsが3月に設立する日本法人「オーマイニュース・インターナショナル」にも出資すると発表した。新会社は、市民参加型のネット新聞「オーマイニュース」日本版を運営する。

画像 韓国Ohmynewsもトップで報道。「日本市民に “マルチメディア市民参加プラットフォーム”を提供することで、日本言論界にWeb 2.0時代の新しいメディアを披露する予定」

 新会社は3月に設立。ソフトバンクは普通株式900万円と転換社債型新株予約権付社債6億8400万円を引き受ける。増資後資本金1500万円のうち、出資比率はソフトバンクが30%、Ohmynewsが70%になる予定。

 新会社はソフトバンクの支援を受けながら、市民参加型ニュースサイトを日本で立ち上げる計画だ。開始時期は未定としている。Ohmynewsが海外法人を設立するのは初。

 またソフトバンクは、Ohmynewsが2月21日払い込みで実施した5200万ドル(約6億1000万円)の第三者割当増資を引き受け、Ohmynewsの12.95%を保有する大株主になった。

 オーマイニュースは、2000年2月に発足した韓国のネット新聞。一般から募集する「市民記者」の記事を掲載するスタイルで知られ、大統領選挙にも影響を与えるなど、既存ジャーナリズムに匹敵する存在に成長している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -