速報
» 2006年02月23日 17時56分 UPDATE

CCD発明者に「エンジニアリングのノーベル賞」を授与

CCDを発明した2人の研究者にチャールズ・スターク・ドレイパー賞が授与された。

[ITmedia]

 全米工学アカデミー(NAE)は2月21日、2006年冬のエンジニアリング賞授与式を行い、「エンジニアリングのノーベル賞」と言われるチャールズ・スターク・ドレイパー賞をCCDの発明者に授与した。

 ウィラード・S・ボイル氏とジョージ・E・スミス氏は、デジカメなどで光を検出するために使われているCCD(電荷結合素子)を発明した功績により、同賞と賞金50万ドルを授与された。

ah_boyle.gifah_smith.gif ウィラード・S・ボイル氏とジョージ・E・スミス氏

 両氏は1969年、ベル研究所で磁気バブルメモリ技術に対抗する半導体へのデータ格納方法を模索していた。CCDの設計はその中で生まれ、初の実用的な固体撮像素子になった。

ah_ccd.gif 初期のCCD

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -