速報
» 2006年03月08日 17時45分 UPDATE

TDK、記録型CD・DVD生産から撤退

TDKが記録型CD・DVDメディアの生産から撤退へ。急速な価格下落による収益性の悪化を受けて判断した。

[ITmedia]

 TDKは3月8日、記録型CD・DVDメディアの生産から撤退すると発表した。急速な価格下落を受け、収益性が悪化していた。今後、汎用製品は他社からのOEM供給を受けて販売する。次世代DVDメディアの研究開発などは続ける。

 5月末をめどに、ルクセンブルクの製造拠点を閉鎖する。昨年末に実施した千曲川地区工場(長野県佐久市)の再編と合わせ、記録型CD・DVD製造からの撤退を完了する。

 Blu-ray Discなど次世代ディスクの研究開発と、一部高付加価値製品の製造は、千曲川テクノ工場(同市)の小規模開発・量産ラインで継続する。データテープストレージ事業は強化していく方針。

 撤退に伴い損失約80億円を計上する予定。このため1月30日公表の2006年3月期連結業績予想を下方修正し、純利益を430億円(前回予想は510億円)などとした。

 TDK製メディアは、ディスク表面強化技術を採用した「超硬」などで知られる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -