速報
» 2006年03月09日 21時20分 UPDATE

メタデータで埴輪を知る――小学校で実験授業

メタデータを付与した複数の埴輪(はにわ)の画像をPCで操り、共通点や特徴などを小学生に発見してもらう研究授業が小学校で行われた。

[岡田有花,ITmedia]

 メタデータを付与した複数の埴輪(はにわ)の画像をPCで操り、共通点や特徴などを小学生に発見してもらう研究授業が3月9日、西東京市立田無小学校で行われた。国立情報学研究所(NII)のプロジェクトの一環で、子ども達は楽しそうにPCを操り、「埴輪って奥が深い!」などと感想を語った。

画像

 NIIが富士通などと協力して開発したソフトを活用した。古墳時代を中心に、東京国立博物館などが所蔵する高精細な埴輪画像を収録してあり、各画像には品名、出土地、年代、大きさなどがメタデータとして添付してある。

 画像はズームアップ・回転させたり、年代別・出土県別に自動分類可能。マウスオーバーで解説文が出る機能や、特徴的な部分をマークで教えてくれる機能を備えた。

画像 年代・県別に分類した。縦軸に年代を、横軸に県をとっている

 授業に参加したのは、6年生の子ども達約30人。埴輪をズームアップして「剣を持っている人の埴輪」を見つけ出したり、出土県別に分類して「群馬と埼玉の埴輪は色が違った。土の種類が違うのかな」と分析したり、年代別に分類して「新しい埴輪のほうが、なめらかで美しい」などと、特徴を発見していった。

画像 一覧表示した埴輪から似たものを選び、ドラッグアンドドロップで専用エリアに移動させると、選んだ埴輪のメタデータを参照して共通点を探し出し、残りの埴輪も自動分類するという機能も。多くの子どもが「人や動物」グループと、「物や家」グループの2つに分類していた

 授業の成果は、メタデータを使った学習支援システムの研究開発に生かす。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -