速報
» 2006年03月22日 07時59分 UPDATE

株価チャートとニュースが連動――Google企業情報サービスβ版公開

株価と出来高の推移を示すグラフはドラッグして過去にさかのぼったり表示期間を変更することができ、関連ニュースとも連動している。

[ITmedia]

 米Googleは3月21日、ビジネス情報を集めた「Google Finance」のβ版を公開した。ドラッグ可能な株価チャートをニュース情報と連動させているのが特徴。

 Google Financeは「ビジネス情報の検索体験を改善すること」を目標に開発されたとGoogleは公式ブログで説明Yahoo! Financeなどの競合サービスに対抗する形で、企業情報は株式のティッカーシンボルではなく、会社名や業種名で検索できる。さらに「Google Financeの最も重要なイノベーションは、目的の会社を見つけた後に起きる」という。

 例えば「Google」を検索すると、同社の企業情報としてその日のNASDAQ市場での取引状況を示す数字と、株価および出来高の推移を示すグラフが表示される。このグラフはドラッグして過去にさかのぼることができるほか、ズーム機能を利用すると表示期間を5日、3カ月、1年などと変更できる。Googleが上場した2004年8月から現在までの推移をひと目で見ることも可能。

yu_google2.jpg グラフをドラッグして過去にさかのぼれる

 グラフ上に示された「A」「B」などのアルファベットは、画面右側に表示されるニュースと連動している。グラフ上でアルファベットをクリックすると、右側の画面が動いて関連ニュースがハイライトされ、例えばGoogle株の1月31日の下落は、その日の決算発表に関連していることが分かるといった具合。

yu_google1.jpg グラフ上のアルファベットと右側のニュースが連動

 このほか、企業情報と業績データ、経営者、関連会社、競合企業といった情報を表示。ブログサービスのBloggerに掲載された関連情報や、ユーザーのディスカッションにもリンクされている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -