速報
» 2006年03月31日 20時47分 UPDATE

新東京タワーは墨田区に決定

首都圏で地上デジタル放送用の電波を送出する「第2東京タワー」の建設地が、東京都の墨田・台東地区に正式に決まった。

[ITmedia]

 首都圏で地上デジタル放送用の電波を送出する「第2東京タワー」の建設地が3月31日、東京都の墨田・台東地区(東武伊勢崎線の業平橋駅と都営浅草線押上駅の間)に決まった。高さは610メートルで、電波塔としては世界一。総事業費は約500億円で、2011年の開業を目指す。

画像 新タワーのイメージ図
画像 新タワーの位置図

 現在、地上デジタル放送波を送出している東京タワーは、周辺のビルが電波を遮蔽するなどといった問題あり、より高い新タワーが必要とされていた。

 新タワーの誘致には、さいたま市や東京都足立区、豊島区などが参加。第1候補に墨田区が、第2候補にさいたま市が選ばれていた。

関連キーワード

地上デジタル放送 | 東京タワー


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -