速報
» 2006年04月05日 22時59分 UPDATE

Apple、Windows XPブート可能な「Boot Camp」で「スイッチ」を加速

Windows XPをMacで動かすソリューションが、ついに公式のものとなった。Appleはデュアルブートを実現するための純正ソフトウェア「Boot Camp」を公開した。

[ITmedia]

 3月16日、賞金をかけたプロジェクトにより、Mac OS XとWindows XPのデュアルブートが可能になったが、Apple Computerによる「公式」のソリューションが4月5日、発表された。その名は「Boot Camp」。公開βとして、ダウンロード可能になっている。

 Windowsブートのサポートを積極的にやらないし、妨害もしないとの意見を表明していたAppleだが、このソフトウェアの発表に際し、ワールドワイドプロダクトマーケティング担当上級副社長のフィル・シラー氏は「MacがIntelのプロセッサを使うようになったことで、多くのお客様がWindowsをアップルの優れたハードウェアで使うことに関心を示されている」ことを対応の理由として挙げた。「Boot Campは、Macへの乗り換えを考えているWindowsユーザーに対して、Macをより魅力的にするものであると、私たちは考えています」と述べている。

 Boot Campは期間限定の試用版として提供される。製品版は、Mac OS Xの次期メジャーリリースであるLeopardに搭載される。

 Boot Campは「Boot Camp アシスタント」によりセットアップを容易に行うことができ、Windowsパーティションの作成から、Windows XPに必要なドライバを含むCDを作成するところまでサポートする。XP On Macプロジェクトの課題となっていたドライバ問題も解消されることになる。

 このソフトウェアを使うには、Windows XP SP2のフルインストールディスクが必要。optionキーを押して起動することで、メニューからOSを選択可能になる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -