速報
» 2006年04月08日 07時27分 UPDATE

RIM決算、和解経費が利益圧迫

BlackBerry訴訟を決着させたRIMの11〜2月期決算は、売上高が前年同期比39%増加して5億6120万ドル、純利益は1840万ドル(1株当たり10セント)となった。

[ITmedia]

 カナダのResearch In Motion(RIM)が4月6日発表した同社第4四半期(11〜2月期)決算は、売上高が前年同期比39%増加して5億6120万ドル、最終損益は1840万ドル(1株当たり10セント)の黒字となった。前年同期は260万ドル(同1セント)の赤字を出していた。

 RIMはBlackBerryをめぐりNTPと争っていた特許訴訟で3月3日、NTPに6億1250万ドルを支払う内容で和解を成立させた。RIMではこの経費として第3四半期に4億5000万ドルを計上済みで、第4四半期には差額の1億6250万ドルを計上する。

 訴訟関連費用を除外した第4四半期の1株利益は65セントとなる。

 同四半期のBlackBerry新規加入者は62万5000人、加入者累計は同四半期末の時点で490万人となった。携帯機器の出荷台数は110万台、通期では400万台。

 第1四半期の売上予想は5億8000万〜6億1000万ドル、1株利益は60〜65セントを見込んでいる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -