速報
» 2006年04月08日 07時31分 UPDATE

Symantec、Mac OS Xに対応のpcAnywhere新版リリース

ヘルプデスク用リモートコントロールソフト新版「pcAnywhere 12.0」ではCrossPlatformコンポーネントが導入され、Mac OS Xに対応した。

[ITmedia]

 米Symantecは企業のヘルプデスク用リモートコントロールソフト新版「pcAnywhere 12.0」を4月10日の週に出荷開始する。クロスプラットフォームをサポートし、新たにMac OS Xに対応したのが特徴。

 pcAnywhere 12.0で導入されたCrossPlatformコンポーネントでは、WindowsとLinux、Mac OS Xをサポートする。このほかヘルプデスクとエンドユーザーの間を結ぶゲートウェイ機能が新たに加わり、使い勝手の向上が図られた。価格はシングルユーザー版が199.95ドルで、現行ユーザーおよび一部競合製品のユーザーは100ドルのキャッシュバックが受けられる。

 pcAnywhereのアクセス強化のためのアドオン「pcAnywhere Access Server」も4〜6月期中にリリース予定。価格は端末25台までをサポートしたスモールビジネスパックが399.95ドル。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -