速報
» 2006年04月19日 15時14分 UPDATE

300年データを保つゴールドディスク

24金の反射層を使った「KODAK Preservation」ディスクは、CD-Rなら最大で300年間データを保存することができる。

[ITmedia]

 データや音楽、写真などを300年保存できる24金ディスクを、Kodakブランドメディアを取り扱うKMP Mediaが発表した。

 同社の「KODAK Preservation CD-R」は最大で300年、「KODAK Preservation DVD」(DVD-R)は80〜100年間デジタルデータを保存できる。CD-R、DVD-Rディスクの寿命は数十年から100年以上とメーカー各社は推定しているが、扱い方などによってはもっと短くなると言われている。

 多くの光学ディスクで使われている銀の反射層は光や熱、酸素、湿気、手荒な扱いにより損なわれてしまう。それにより、ディスクに格納されたデータが失われる可能性がある。

 KODAK Preservationディスクの24金反射層は退色、酸化しない。データ記録層には非常に安定したフタロシアニン色素を使っている。また3層の保護層で熱や湿気、光などからデータを守る。基層には、市場に出回る多くのCDよりも優れた光学グレードのポリカーボネートを使っているという。

 これらディスクは世界各国で提供開始されている。

ah_goldcd.jpgah_golddvd.jpg

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -