速報
» 2006年04月26日 15時28分 UPDATE

検索結果、何ページ目まで見る? オプト調査

検索結果の閲覧ページ数やスポンサーサイトへの注目度は、年齢によって変化するという調査結果が出た。

[ITmedia]

 検索結果は3.6ページ目まで閲覧、年齢が上がるほどスポンサーサイトに注目――オプトとクロスマーケティングは、検索エンジンに関するこんな調査結果をこのほど発表した。

 18歳以上の男女500人に対して、検索エンジンの利用状況を、3月28〜29日までネットで聞いた。

 検索結果の閲覧ページ数は平均3.6ページ。年齢別では、30〜39歳が閲覧ページ数が最も多く、平均4.4ページだった。次が18〜29歳で同3.8ページ。年齢が上がるごとに閲覧ページ数は減り、60歳以上で3.2ページとなっている。

画像 よく利用する検索サイト

 よく利用する検索サイトはYahoo!JAPANが59%、Googleが25%。検索結果画面で、スポンサーサイトよりも検索結果に注目すると答えたのはYahoo!で60%、Googleで80%だった。年齢が上がるにつれ、スポンサーサイトへの注目が高くなるという傾向が見られたという。

 検索結果に満足できなかった場合の対応は、「キーワードを変えて検索する」が46%、「キーワードを追加して検索する」が45%。検索エンジンを変えたり、ポータルのカテゴリから検索し直すという答えは少なかった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -