速報
» 2006年05月02日 08時02分 UPDATE

Napster、MacとLinuxにも対応する無料版の音楽サービス導入

新サービスは広告収入で運営され、ユーザーはWebベースの再生ソフトを使って各楽曲を5回まで無料で聴くことができる。MacとLinuxにも対応するが、現在のところ米国のみの提供。

[ITmedia]

 オンライン音楽サービスの米Napsterは5月1日、広告収入で運営する無料版のサービス立ち上げを発表した。

 新サービスではメジャーレーベルとインディーズ系レーベルの楽曲約200万曲を提供、ユーザーはWebベースの再生ソフトを使って好きな楽曲を各5回まで無料で聴くことができる。気に入った楽曲を同ソフトから購入したり、会員制有料サービスに申し込むことも可能。

 無料サービスにはNapster.comのサイトからアクセスでき、OSはWindows、Mac、Linuxに対応。ソフトやプラグインをダウンロードする必要はない。利用するにはユーザー登録が必要。現在のところ米国のみの提供だが、いずれほかの地域にも拡大予定だとしている。

 同時に発表された新機能の「NapsterLinks」では、Napsterで無料で聴ける音楽へのリンクを電子メール、インスタントメッセージ、ブログ、Webサイトに添付することができる。

 また、アーティスト情報や写真、音楽評論家のコメントなどを集めた音楽アーカイブ「Narchive」のβ版も近く提供予定。ユーザーが自分の音楽体験を書き込んだり写真を投稿することも可能になる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -